会社設立後の税務手続q3

こんなときどうする?

会社設立後の税務手続

会社を設立しましたが、税務署・県(都)税事務所等に提出する書類を教えてください。

当事務所の回答

会社を設立した場合には、税務署・県(都)税事務所等に以下の書類を提出します。

【税務署に提出する代表的な書類】

1.法人設立届出書

会社を設立したことを税務署に知らせる書類です。

2.青色申告承認申請書

様々な税務上の特典を受けるための申請書です。

一定水準の帳簿・B/S・P/L等を作成することで、赤字が出た場合10年間その赤字を繰り越して黒字と相殺できます。

その他にも30万円未満の固定資産の購入費用を一括で全額経費にできるといった特典があるため提出することをおすすめします。

3.給与支払事務所等の開設届出書

会社から社員に対して給与を支払うことを税務署に知らせる書類です。

4.源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請

給与を支払う際に徴収した源泉税を年2回にまとめて納付できるという特例を受けるための書類です。(原則は毎月納付)

給与の支給人員が常時10人未満という要件はありますが、資金繰りの改善にも役立つため、該当する方は提出をおすすめします。

【県(都)税事務所・市町村役場に提出する書類】

1.法人設立届出書

会社を設立したことを県(都)税事務所等に知らせる書類です。

ポイント

届出の中には、履歴事項全部証明書・定款等の添付が必要なものもあります。

当事務所にて各種書類の作成、提出を承っております。書類の作成に不安のある方・苦手な方は、お気軽にご相談ください。

以下のお問合せフォームからご予約承っております。


    ※海外からの迷惑メール防止のため( )に該当するひらがなを1文字入力してから
    【この内容でよろしければ送信してください】で送信ください。

    日本以外からのお問い合わせには対応しておりません。
    We do not support inquiries from outside of Japan.