相続が発生したときq4

こんなときどうする?

相続が発生したとき

父が亡くなり相続が発生しました。手続きはどうすればいいでしょうか?

当事務所の回答

相続人の行うべき手続きは多くあります。ここでは時系列に重要な手続をご説明します。

相続開始から 必要な手続き
7日以内 死亡診断書取得 / 死体埋葬火葬許可証取得 / 死亡届提出
10日以内 厚生年金受給権者死亡届の提出
14日以内 国民年金受給権者死亡届の提出 / 世帯主の変更届の提出 / 健康保険証の返却
3か月以内 相続放棄・限定承認 / 相続の承認・放棄の期間の伸長
4か月以内 準確定申告
10か月以内 遺産分割協議書の作成 / 相続財産の名義変更 / 相続税申告

●死亡届・死亡診断書
提出先は本籍地または届出人の所在地市区町村役場です。死亡診断書は医師に記載してもらう必要があります。

●相続放棄・限定承認
相続放棄又は限定承認をする場合、家庭裁判所に申し立てる必要があります。

●準確定申告・納付
お亡くなりになった方に所得があった場合、相続人が被相続人の所得税の申告及び納付を行います。

●遺産分割
誰がどの財産を引き継ぐかを相続人全員の協議により決定します。
協議が無事終了すると遺産分割協議書を作成します。

●相続税申告・納付
相続税申告書を税務署に提出し、納税します。

ポイント

上記の手続きについては司法書士、税理士等の専門家のサポートが必要になります。

当事務所では無料相談会を実施し、必要に応じて他の専門家の紹介も行っております。お気軽にご相談ください。

以下のお問合せフォームからご予約承っております。


    ※海外からの迷惑メール防止のため( )に該当するひらがなを1文字入力してから
    【この内容でよろしければ送信してください】で送信ください。

    日本以外からのお問い合わせには対応しておりません。
    We do not support inquiries from outside of Japan.