fbpx
税理士 馬場義男事務所
電話:03-3394-5922
9:00~17:00(平日)

相続が発生したとき

こんなときどうする?

 

相続が発生したとき両親が無くなり相続が発生しました。 何をしたらいいでしょうか?

相続が開始すると遺族がすべきことは非常に多いです。しかしながら申告期限は 10 カ月と短く、あっという間に過ぎていきます。
ここでは時系列と共に重要な手続きを簡単に説明します。

 

相続開始から 必要な手続き
7日以内 死亡診断書取得/死体埋葬火葬許可証取得/死亡届提出
10日以内 厚生年金受給権者死亡届の提出
14日以内 国民年金受給権者死亡届の提出/世帯主の変更届の提出/健康保険証の返却
3か月以内 相続放棄・限定承認/相続の承認 or 放棄の期間の伸長
4か月以内 準確定申告
10か月以内 遺産分割協議書の作成/相続財産の名義変更/相続税申告

 

届出や相続税についての説明です。
●死亡届・死亡診断書
提出先は本籍地または届出人の所在地市区町村役場です。死亡診断書は医師に記載してもらう必要があります。●相続放棄・限定承認
相続放棄と限定承認をする場合、家庭裁判所に申し立てる必要があり。
○相続放棄とは相続財産に係る全ての権利・義務を放棄することです。
○限定承認とは相続する財産の限度内で借金などの債務を引き継ぐことです。

 

●準確定申告・納付
お亡くなりになった方に所得があった場合、相続人が所得税の申告及び納付を行います。

 

●遺産分割
誰がどの財産を引き継ぐかを相続人全員の協議により決定します。
協議が無事終了すると遺産分割協議書を作成します。

 

●相続税申告・納付
相続税申告書を税務署に提出し納税します。

 

上記の手続きについては弁護士、司法書士、税理士等の専門家のサポートが必要になりますが、多くの士業事務所では他士業の専門家と提携しているため、必要に応じて他士業の専門家を紹介していただけます。
当事務所でも相続についても無料相談を承っており、必要に応じて専門家のご紹介を行っております。是非一度ご相談ください。

 

当事務所では上記について無料にてご相談を承ります。

以下のお問合せフォームからご予約承っております。


※海外からの迷惑メール防止のため( )に該当するひらがなを1文字入力して【確認画面に進む】をクリックしてから
【この内容でよろしければ送信してください】で送信ください。

日本以外からのお問い合わせには対応しておりません。
We do not support inquiries from outside of Japan.