税理士 馬場義男事務所
9:00~17:00(平日)

マイホームを売却した

こんなときどうする?

 

マイホームを売却した今住んでいる家を売却した際、売却益が出ました。申告するときに注意することはありますか?

マイホームを売却したときに利益が出た場合には その申告の際、譲渡所得から最高 3,000 万円まで控除ができる 特例を受けることが出来る可能性があります。
この特例を 「居住用財産を譲渡した場合の 3,000 万円の特別控除の特例」 といい、マイホームを売却した際の売却益を圧縮する非常にメリットの大きいものですが、 この特例を受けるためには一定の要件を満たす必要があります。

 

 

おおきく以下の要件を満たす必要があります。

 

(1) 自分が住んでいる家屋か、家屋とともにその敷地や借地権を売ること

 

(2) 売った年の前年及び前々年にこの特例又はマイホームの譲渡損失についての損益通算及び繰越控除の特例の適用を受けていないこと。

 

(3) 売った年、その前年及び前々年にマイホームの買換えやマイホームの交換の特例の適用を受けていないこと。

 

(4) 売った家屋や敷地について、収用等の場合の特別控除など他の特例の適用を受けていないこと。

 

(5) 売手と買手が、親子や夫婦など特別な関係でないこと。

 

また上記のほか、別荘などのように主として趣味や娯楽などのために所有する家屋の売却についてはこの特例の適用を受けることができないといった要件が複数あるため、この特例を受けようとする際には、ご自身が要件を満たしているかお近くの税理士にご相談されることをお勧めいたします。

 

当事務所では上記について無料にてご相談を承ります。

以下のお問合せフォームからご予約承っております。


※海外からの迷惑メール防止のため( )に該当するひらがなを1文字入力して【確認画面に進む】をクリックしてから
【この内容でよろしければ送信してください】で送信ください。

日本以外からのお問い合わせには対応しておりません。
We do not support inquiries from outside of Japan.